【やめとけ?】就活エージェントのメリット・デメリットと使うべき人の特徴

インターンシップ

こんにちは。就活ライブラリー編集長のそるてぃーです。みなさんは今、就職活動でどんなことに悩んでいますか?自己分析や業界研究、エントリーシートに面接対策など就職活動でやるべきことは山積みですが、人それぞれ悩みは異なります。就活における悩みは深いものが多く、一朝一夕で解決できるものではありません。また、1人で解決するのも難しいのが現実です。家族や先輩、友人などに相談をして、周りを巻き込んで解決していくことが重要です。しかし就職活動は自己分析なども含めてなかなか相談しづらい内容も多く、なかなか話せない人もいるのではないでしょうか?

そういった就活の悩みを解決するためには、就活エージェントをうまく活用しましょう。就活エージェントは就活のあらゆる悩みを解決したり、面接対策や特別選考など内定に近づくためのコンテンツを提供してくれるサービスです。ただし、就活エージェントを利用するには正しい知識と背景理解が必要です。就活エージェントが無料で利用できることやその仕組みから「就活エージェントはやめとけ」という人も多いです。ただししっかりと選べばメリットが非常に大きいため、正しい知識を持っておくことが重要です。今回はそもそも就活エージェントとは何かやメリットデメリット、利用すべき人の特徴と信用できるエージェントの見極め方、選び方までを現役キャリアアドバイザーが徹底解説します。

就活生向けエージェントサービスとは?

就活エージェントとは専任のキャリアアドバイザーがみなさんの就職活動のあらゆる悩みを解決しながら、自己分析、業界研究、企業選び、日程調整、ES対策、面接対策などのサポートをしてくれるサービスです。

ナビサイトで企業を探す際は興味のある業界や勤務地など条件面での検索をして企業を探すのですが、就活エージェントを利用すると面談を通じて就活生個人の強みや志向性を把握した上でマッチした企業を紹介してもらうことが可能です。また日程調整もナビサイトの場合だと自分自身で企業とのやりとりや予約をする必要がありますが、就活エージェントを使えば面接の日程調整も代行してくれるため手間をかけずに選考に進むことができます。

就活でやることリストナビサイト就活エージェント
自己分析△:自分自身で行う   ◎:キャリアアドバイザーがお手伝い
企業選び△:自分自身で行う◎:マッチした企業を推薦
日程調整△:自分自身で行う◎:エージェントが代行
選考対策△:自分自身で行う◎:キャリアアドバイザーがお手伝い

エージェントサービス利用の流れ

就活エージェントサービスを利用するにあたってはエージェントサービスへの登録が必須となります。登録が完了するとエージェントサービスから面談の日程調整の連絡がきますので、必ず電話に出るようにしましょう。記事下部にオススメのエージェントサービスも記載していますので是非エントリーしてみてください。
エージェントサービスの流れは下記のようになっています。

エージェントサービス利用の流れ
  • エージェントサービスに登録

    WEBサイトよりエントリーすると、エージェント運営事務局よりキャリア面談の日程調整に関する連絡がきます。

  • キャリア面談

    担当するキャリアアドバイザーと面談し、あなたの強みや志向性のすり合わせを行います。

  • 企業紹介

    ヒアリング内容をもとにマッチした企業をあなたにご紹介します。

  •  ④
    説明会参加

    紹介された企業から特に興味のある企業の説明会に参加。日程調整などはエージェントが代行してくれるので、効率的に就活を進めることができます。

  • 選考対策

    面接に向けた対策を行います。過去の実績から想定質問や過去問などが用意されていることや、面接後にはフィードバックをもらえることもあるため安心です。

  • 内定!

    内定後も、内定承諾するかどうかの意思決定や入社後の不安解消までフォローしていきます。

エージェント(人材紹介)サービスのビジネスモデル

就活生向けエージェントサービスの利用は無料となっています。無料で提供されるサービスでありながら、自己分析から企業紹介、選考対策まで全てサポートしてくれるので、就活生のみなさんにとっては心強い味方ですよね。ではみなさんはなぜエージェントサービスが無料で提供できているか知っていますか??

エージェントサービスというのはビジネス用語で言うと人材紹介事業、または有料職業紹介事業と言われます。

有料職業紹介事業とは、営利を目的とするか否かにかかわらず、職業紹介に関し手数料又は報酬等の対価を受けて行う職業紹介事業をいいます。

 厚生労働省:https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000180131.pdf

つまりエージェントサービスもあくまで営利目的で利用されており、ビジネスとして行われていることを認識しておいてください。就活生からお金を取るわけではありませんが、採用活動を行う求人企業から報酬としてお金をいただくモデルとなっています。

具体的には下記の図を見てもらえればと思いますが、就活生は就活エージェントに登録します。エージェントと面談をすることで求人の紹介を受け、説明会や選考に参加します。最終的に内定を獲得しエージェントの紹介した求人企業に入社が決定すると、求人企業から就活エージェントに対して採用の成果報酬として紹介料が発生するという仕組みです。

つまり、就活エージェントは就活生の皆さんを「自分たちが紹介する求人企業に内定を取り、入社してもらうこと」を目的として皆さんの自己分析や選考対策のお手伝いをしていきます。そのため紹介した求人への入社を強く勧めたりするケースもよくあります。あくまで就職活動をしているのは皆さん自身です。就活エージェントに任せっきりにするのではなく、最終的には自分自身の意思で就活の方向性や入社先の企業を決めることが重要なのです。

就活生向けエージェントサービスを利用するメリット

就活エージェントもあくまで営利目的で運営されていることを開設しましたが、だからと言って一概に害悪なわけではありません。エージェントサービスを利用することで得られることやメリットも沢山あります。

メリット①:自分では気付かない自分とマッチした企業と出会える

就職活動を進める中で重要になってくるのが「自分とマッチした企業と出会うことができるか」どうかです。就職活動において志望する業界や企業を決めるのはとても困難です。就活生が就職活動を始める際にはまずは「自分が知っている業界や職種の企業」を受験することが多いはずです。そのため受験する企業も名の知れた大企業や興味のある業界、職種の企業に限られてしまいます。

しかし、エージェントサービスを使うことで様々な角度から企業を選んでもらうことができます。担当のキャリアアドバイザーがあなたの過去の経験や将来像などをヒアリングした上で「やりたいこと」にマッチする別業界・職種の企業やあなたの「強み」を存分に生かすことができる企業を提案してくれます。

特に強みを生かして働くことができる企業というのは内定が取りやすくなります。強みを生かすことができる=利益を生み出すことに繋がるからです。企業は「利益を生み出せるか」「同じ船に乗せたいか」の2点から就活生を評価しています。利益を生み出せるかは特に比重が高いため、強みを生かすことができるというのは選考において非常に有利に働きます。

メリット②:特別選考ルートが用意されている

就活生向けエージェントサービスを使うとナビサイトには載っていない「非公開求人」や「特別選考ルート」で選考に進むことができることがあります。企業にとってエージェントサービスは中小・ベンチャー企業など知名度があまり無い企業が採用活動をする際に多く使われますが、時には大手企業が優秀な人材を採用する際に非公開で募集をかけたり残り数名の採用枠を埋めるために利用したりします。

企業によってはエージェント経由で申し込みがあった場合に限り、通常選考に比べて短いフローで選考を進めることができるケースが存在します。それはそのエージェント経由でエントリーされた学生は比較的自社との親和性が高く、入社に繋がりやすいと企業が認識しているためです。そのため、そういった特別選考ルートを使わない手はありません。

大手企業の場合だとたった数名の採用枠を埋めるためにナビサイトで募集をかけると大量の応募が来るためESの処理や面接をとんでもない数実施しなくてはならなくなります。それは人事にとっては非常に工数であるため、エージェントサービスを利用して優秀な学生のみと接触することで採用につなげることがあるのです。

特別選考フローで選考に進みたい方はこちらもチェック!

メリット③:面接練習用の企業を探せる

就活エージェント経由で採用をしている求人というのは就活生からのエントリーを集めるのに苦戦していたりもっと増やしたいという企業が殆どです。そのため一人一人の就活生との出会いを大切にする傾向があります。つまり書類選考で不合格になる可能性が低かったり、書類選考なしでそのまま面接に進むことができる企業が多いという事になります。わざわざ面接練習をするためだけにESを書いたりGDに参加したりするのは面倒だと感じる方もいるのではないでしょうか?エージェントサービスで紹介を受ければそういった煩わしさもないためスムーズに面接練習の場を作る事ができるでしょう。

面接で評価されるポイントを知りたい方はこちら

メリット④:ES添削や面接対策をしてくれる

エージェントサービスは前述したように紹介した求人企業に入社が決まった時点で報酬がエージェントに支払われるビジネスモデルとなっています。そのため、担当のキャリアアドバイザーとしては皆さんに選考を突破し内定をとってほしいと考えています。内定を獲得するためにはESの添削や面接対策などが必須となるため、キャリアアドバイザーも一緒にそのお手伝いをしてくれます。特に担当キャリアアドバイザーから紹介された求人企業の選考対策であれば尚更気合を入れて対策してくれます。うまく活用することで選考通過率を上げることができるのです。

エントリーシートのチェックポイントを知りたい方はこちら

就活生向けエージェントサービスのデメリット

では逆に就活エージェントを使うことで起こるデメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

デメリット①紹介された企業への入社を強く勧められる

こちらはすでに前述しましたが、人材紹介事業は就活生がエージェントの紹介する求人企業に入社を決めた時点で報酬が発生するビジネスモデルとなっているため紹介した企業への説明会の参加や入社先の企業を決める際にも介入し紹介企業への入社を暗に進めます。

エージェントサービス自体が「企業紹介サービス」であるという表現をしているサービスも多く、企業紹介を受けることを前提としてサービス設計されています。そのため選考対策やES添削などを依頼するには同時に求人企業の説明会や選考会への参加が求められるので注意が必要です。

デメリット②:紹介される企業が中小・ベンチャー中心

もちろん就活エージェントに企業を紹介してほしいと考えて申し込みする方も多いでしょう。しかし、就活エージェントの紹介する企業の多くは中小・ベンチャー企業であることがほとんどです。知名度のある会社や人気の企業はナビサイトのみで集客ができるため、わざわざエージェントサービスを利用しなくても就活生と出会うことができます。しかし中小・ベンチャー企業の場合ナビサイトに掲載するお金がなかったり、掲載したとしてもエントリーがないため費用対効果が合わないケースが多いです。そのため知名度がなくてもキャリアアドバイザーが1対1で学生に会社の魅力を伝えてくれるエージェントサービスを利用した方がエントリーが多く入ってきたり、魅力に感じてもらうことができるのです。

デメリット③:紹介された企業以外の選考対策はしてくれない

こちらも同様ですが、就活エージェントを運営している企業にとって紹介した企業以外の選考に進むことは売上を上げるにあたってメリットはありません。むしろ競合となって紹介した企業に入社しない可能性があるため対策をして内定をとってしまうのは本意ではないでしょう。そのため基本的に紹介している企業以外の選考対策はしてくれないことが多いです。
もし自分自身で進めている企業の選考対策をして欲しい場合は就活エージェントではなくキャリアセンターや先輩、OB・OGの方に依頼をする方が快く受けてくれたり、より精度の高い対策ができる可能性が高いです。
一部そういった選考対策もしてくれるエージェントもいますが、そういったケースは少ないと考えてよいかと思います。

就活エージェント利用に向いている人

就活エージェントの利用にはメリット・デメリットがあります。それぞれを理解した上で利用する必要がありますが、無料で利用できることや悩んでいることを就活エージェントを利用することで解決できるのであれば使わない手はありません。
下記に当てはまる人は就活エージェントの利用に向いています。

就活エージェント利用に向いている人
  • 自己分析ができていない人
  • 自分の強みが明確でない人
  • 就活の方向性や軸が定まっていない人
  • 選考対策をしたい人
  • 中小・ベンチャー企業に入社したい人
  • 一刻も早く就活を終わらせたい人

信用できる就活エージェントの見極め方

就活エージェントを利用するにあたってのデメリットも前述しました。それでは自分にとって良い就活エージェントを見極めるためにはどういった点に注意する必要があるのでしょうか?
“良い”就活エージェントの特徴をまとめました。

信用できる就活エージェントの見極め方
  • 求人数が一定数あるか
  • 得意業界/職種が自分の希望と合致しているか
  • 面談でしっかりと話を聞いてくれるか
  • 面談時に話した内容をもとに企業を紹介してくれるか(無理やり紹介されないか)
  • 自分たちのメリットにならないことでも学生のために快く手伝ってくれるか

就活エージェント選びのポイント

とはいえ、上記は実際に利用してみないと分からない点が多くあります。そのためエージェントサービスはまずは複数社利用してみることをオススメします。その上で自分に最もマッチしている/相性の良いエージェントに絞って就活を進めていくことで、より効率的に就職活動を進めることができるようになります。
実際にエージェントサービスに申し込む際には下記のポイントは重視して選ぶようにしてください。

  1. 求人数
  2. 得意業界/職種
  3. コンテンツの充実度(座談会、イベント、セミナー、適性検査、過去問など)
  4. 内定獲得までのスピード

1.求人数

就活エージェントを利用する上で求人数は重要です。特に就活エージェントを利用して企業紹介を受けたい学生の皆さんにとっては、契約している求人数=紹介してくれる企業の幅になるため求人数が多い方がエージェントがみなさんに紹介してくれる選択肢が増えるのです。
ただし、ただ求人数が多いだけでは意味がありません。求人数が少なくても、大手企業への紹介枠を持っているとしたら魅力的に感じることもあるかと思います。最も重要なのは自分にマッチした企業を紹介してくれるかどうかです。

2.得意業界/職種

就活エージェントはそれぞれに強みとしている業界や職種があります。強みを持っている業界=多くの内定者を輩出した実績があるということになります。したがって必然的にそういった企業の求人が多かったりしますので、得意とする業界がどういったところかは可能な限り調べてみると良いでしょう。

3.コンテンツの充実度(座談会、イベント、セミナー、適性検査、過去問など)

就活エージェントには様々な特典があります。
エージェント利用者限定の選考対策セミナーやマッチングイベント、適性検査や座談会、内定者から集めた過去問などがあります。就活生のみなさんにとっては全て無料で享受できるコンテンツであるため使わない手はありません。こういった就活サポートコンテンツの充実度は「エージェントとしての実績」や「ユーザーファーストの精神」を体現しているため、どういったコンテンツを利用できるかは確認しておくと良いでしょう。

4.内定獲得までのスピード

エージェントによっては非公開の特別選考ルートを所持しており、エージェント利用者限定に案内をしているケースがあります。そうすると内定までの選考回数が短くなったり、エージェントからの推薦で有利に選考を進める(エージェントが企業にプッシュしてくれる)ことができます。最短でどのぐらいの期間で内定を獲得できた実績があるのかは要チェックです。

就活生向けエージェントサービスおすすめ7選

JobSpring

求人数:★★★★★
得意業界/職種:IT・人材・広告など
コンテンツの充実度:★★★★★
内定までの期間:★★★★★
人事評価:★★★★★

JobspringはHRクラウド株式会社が運営する新卒向けエージェントサービスです。就活情報サイトを起点とし、企業イベント、就活セミナー、エージェントなど、就職活動をよりシンプルに効率的に行うためのソリューションを提供しています。Jobspringは比較的前からエージェントサービスを運営しており、求人数も人事評価も非常に高いです。Jobspringの一番の強みは選考対策コンテンツの充実度が高いことです。企業紹介を受けるか迷っている人向けに就活セミナーを実施していたり、少人数型マッチングイベントなどを提供しています。また、AIを活用した適性検査も無料で受けられるため様々な角度から自己分析や選考対策をすることができます。最短1週間で内定を獲得した実績もあるので、すべての評価項目において評価の高いエージェントとなっています。

私自身もJobspringを採用担当として利用していましたが、担当者の対応もスピーディーであることや学生さんとの関係値も非常に良好な印象でした。そるてぃーが働く会社にJobspringを利用して入社した新卒メンバーはこのような印象を持っていました。

新卒1年目
新卒1年目

エージェントが非常に話しやすく、就活について熱くなるぐらい語り合っていました!

新卒2年目
新卒2年目

他のエージェントと違って、やみくもに求人を紹介されるわけではなく最もマッチしそうな企業を厳選して送ってくれている印象でした。だからこそ内定獲得まで信頼してついていけました!

上記の新卒メンバーも非常に活躍しており個人的にも非常に好印象で信頼しているエージェントサービスです。

JobSpringの特徴
  • 選考対策コンテンツが群を抜いている(メディア、セミナー、座談会、適性検査など)
  • ヒアリング内容をもとに厳選した3−4社のみを紹介
  • 最短1週間で内定獲得が可能!
紹介実績のある企業

Avex、住友不動産グループ、Zoff、フコクしんらい生命、NTTデータグループ、タカラレーベン、LIFULL、エムスリー、京都きもの友禅、CROOZ SHOPLISTなど

Job-T

求人数:★★★★★
得意業界/職種:★★★★★
コンテンツの充実度:★★★★★
内定までの期間:★★★★★
人事評価:★★★★★

Job-Tは「仕事力を身につけ、学生を内定へ導く就活サービス」です。現在企業にとって採用活動はプログラミングや語学などのスキルや経験、もしくは学歴でその人の価値を判断せざるを得ない仕組みになっています。Job-Tは就活の新たな評価指標を作り、「仕事力が高い人材」がスカウトを受け取れるサービスです。GAFAなど世界的な企業が導入しているワークサンプルテストを用い、学生の「仕事力」を定量化することで企業が企業への推薦理由になります。学歴などは考慮されていないため、学歴に自信がない学生や資格等を保有していない学生でもしっかりと評価されるためオススメです。

Job-Tの特徴
  • GAFAなど世界的な企業が導入しているワークサンプルテストを受検できる
  • ワークサンプルテストから算出された「仕事力」でスカウトが来る
  • 一人一人アドバイザーがついてサポートしてくれるだけでなく、企業から直接スカウトも来る
利用者の内定企業

伊藤忠商事、リクルート、キーエンス、ベネッセコーポレーション、アビームコンサルティング、日本ユニシス、ヤマサ、日本郵政、みずほ証券、パラマウントベッド、ヤマトホールディングス、オリックス自動車、エイジス、サイゼリヤ等

en-courage

en-courage
求人数:★★★★
得意業界/職種:IT・広告・人材業界
コンテンツの充実度:★★★★★
内定までの期間:★★★★
人事評価:★★★★

エンカレッジは、あなたの大学の優秀な内定者が親身になって現役就活生と接するサービスです。 内定者によるインターン/選考の申込、内定まで一貫したサポートを受けられます。 こうした1対1の関係により、個人のペースや状況に合わせたサービス提供をしているため「就活生に最も近い先輩」が徹底サポートしてくれているサービスなのです。ZoomやLINEで、地方/都市関係なくいつでも就活のサポートを気軽に受けられます。 また内定ESや選考体験記を2000ページ以上閲覧できるなど、オンラインコンテンツも充実しています。

en-courageの特徴
  • 外資/外コン/商社/IT/メガベンチャートップ内定者による1対1で就活のサポート
  • ES添削から自己分析まで、内定に必要な就活の全対策が一貫して可能
  • 日本全国の大学でサービス提供しており、ZoomやLINEなどのオンライン対応も完備。
  • 2,000人以上のトップ内定者のES/選考体験記などオンラインコンテンツも充実
  • 限定のイベントで、ベンチャーから大手まで幅広い企業と接点を持てる。
掲載企業

デンソー/WOWOW/NTT/ジーユー/ソニー/ダイキン工業/JT/レバレジーズ/ニトリ/エス・エム・エス/電通グループ/東京海上日動/DeNA/豊田通商/三井住友カード/三越伊勢丹/三井住友銀行/サッポロビール/AnyMind/Sansan/AGC/ユニリーバ/オリエンタルランド/サイバーエージェントグループ/モルガンスタンレー/JTB/丸紅/富士通/エン・ジャパン/毎日放送/京浜急行電鉄/パーソルキャリア/NTTデータ/川崎重工業/江崎グリコ/エイベックス/Visional/アマゾンetc

irodasSALON

求人数:★★★★★
得意業界/職種:IT・広告・人材業界・ベンチャー
コンテンツの充実度:★★★★★
内定までの期間:★★★★
人事評価:★★★★★
irodasSALONの特徴
  • 内定率驚異の98%!利用者満足度95% (社内アンケート調べ)
  • 年間利用者数 13,000名以上!口コミレビュー数 No.1 (就レポ調べ)
  • 10種以上のキャリア講座や、キャリアブックなどが全て無料
K.Yさん<br>法政大学3年生
K.Yさん
法政大学3年生

キャリアブック・キャリア講座を通して、「自分って意外とこういう仕事向いてるかも!」という新たな発見が多く、自分の強み・やりたいことが明確になりました。キャリア講座も何回も受講可能で、自分のペースで進められるのでとてもおすすめです。

I.Yさん<br>慶應大学3年生
I.Yさん
慶應大学3年生

第一志望企業の内定を得るために、キャリアメンターさんに選考対策面談を行っていただきました。サポートしてもらう中で感じたのは、メンターさんの質が圧倒的に高かったことです。他の就活支援サービスは4回生の先輩の方に支援してもらうことが多いですが、irodasSALONは大手優良企業出身の社員メンターの方が多く、指摘やアドバイスが的確で有意義な時間がとても多かったです。また、社会に出てからのアドバイスも同時にいただけて、働くのが楽しみになりました。

ハローナビ就活

求人数:★★★
得意業界/職種:IT・中小企業
コンテンツの充実度:★★★★
内定までの期間:★★★★
人事評価:★★★★
ハローナビ就活の特徴
  • 驚異の内定率95%を誇る(業界最高水準)!
  • 書類選考ナシで選考に進むことができる!
  • 国家資格キャリアコンサルタントとの面談を予約できる!

【IT業界志望学生向け】IT求人ナビ新卒

求人数:★★★★★
得意業界/職種:IT業界
コンテンツの充実度:★★★★
内定までの期間:★★★★★
人事評価:★★★★

IT求人ナビ新卒はIT業界を志望する学生向けのIT業界特化型の就活エージェントです。株式会社アクロビジョンが運営しており、運営歴も10年以上あるためIT業界の就活における様々なノウハウを持っているサービスです。IT求人ナビ新卒の紹介している求人は全て「3ヶ月以上の研修」が約束された教育体制の整っている企業のみを取り扱っています。

IT求人ナビ新卒の特徴
  • IT業界に特化しているため、IT業界の就活におけるノウハウが蓄積されている
  • 運営歴10年以上のため、大小さまざまな企業の紹介実績がある
  • 3ヶ月以上の研修が必ずある研修体制の整った企業だけを紹介
紹介実績のある企業

サイバーエージェント、リクルートグループ、freee、グノシー、UZABASE、ガンホー、バンダイナムコグループ、アカツキなど

【体育会学生向け】アスリートエージェント

求人数:★★★★★
得意業界/職種:営業職
コンテンツの充実度:★★★★★
内定までの期間:★★★★★
人事評価:★★★★★
明日リートエージェントの特徴
  • 1000名以上の体育会・アスリート人材の就職支援実績
  • 体育会・アスリート人材限定の非公開求人を保有
  • アスリートエージェント利用者限定で入社までに社会人で必要な能力をつけるための教育プログラムがある
紹介実績のある企業

商船三井、電通デジタル、博報堂プロダクツ、KDDI、リクルートホールディングス、Canon、ゼビオ、CROOZ SHOPLIST、中央電力など

エージェントサービスを正しく選んで早期内定を獲得しよう

今回は就活エージェントとは何かやメリットデメリット、利用すべき人の特徴と信用できるエージェントの見極め方、選び方について解説しました。就活エージェントにはそれぞれメリットデメリットがありますが、エージェント利用をすべき人にとっては大きなメリットのあるサービスになります。就活エージェントを利用する際にはしっかり見極めをして選ぶようにしましょう。

また就活エージェントを利用しなくとも、オファー型スカウトサービスを利用することで企業からの特別選考ルートを受け取ることもできます。プロフィールを登録しておくだけでオファーが来るので、こちらも合わせて利用してみてください。

\特別選考ルートで内定を獲得したい方はこちらもチェック!/

タイトルとURLをコピーしました